2015年08月25日

遊んで暮らす

 今日も売れなかったらしい、明日から値下げになると言う。セリーが目の前で売れていったのがかなりショックだと書いてあった。
 セリーは励ましのメールを書いた。それとここの様子、ひどい女の子の専属になっPretty renew 呃人て大変な事、しかし、その子のために頑張るつもりだと書いた。
 次のメールはバッサラからで、夜十二時から彼の部屋でセリーの歓迎会をしてくれるという。みんないい人、いいアンドロイドばかりで本当によかった。カレンだって本気でぶつかれば分かってくれそうな気がした。
 時々、ネットワークでカレンの部屋のカメラに繋いでカレンの様子を確認した。おとなしく眠っている。今日、会ったばかりなのにカレンがいとおしくてたまらない。あんなひどい子のどこがいいのか、アンドロイドは愛情豊に作られているのだとつくずく感心してしまう。
 テレビは戦争の話をしていた。どうやら世界は二グループに別れて対立しているらしく、Pretty renew 呃人今にも戦争になりそうだと解説している。どうして人間は戦争が好きなんだろう。

 夜十二時、バッサラの部屋で歓迎会が始まった。
 アンドロイドが十台も集まると部屋がいっぱいになってしまう。それでも人間のいない楽しいひと時だった。コックのアンドロイドが簡単な料理を作ってきてくれた。それをみんなで食べる。食べても、お腹の袋に入るだけなのだが楽しい気分になれた。
 アンドロイドは味覚がわかるように作られていた。特にコックのアンPretty renew 傳銷ドロイドには必須だが、いつ人間のために料理をしなければならなくなるかわからないので、アンドロイドには味覚が備わっていた。
 お酒を飲んで酔っ払った気分になるアンドロイドもいた。もちろんお酒を飲んでもお腹の袋に入るだけなので酔っ払うはずはないのだが人間のように酔っ払ってみるのもおもしろかった。
「この家はお金持ちなんですか?」
 セリーは聞いてみた。
「ああ、かなり裕福な方だ」
 バッサラが教えてくれる。
 ここの社会では、働くのはアンドロイドやロボットだった。生活に必要なものは全部ロボットが作っている。だから人間は基本的に働く必要がなかった。だから人も大勢いたが、生きがいを求めて働く人もいた。働くといっても芸術や創作など人間がやることに意味がある仕事だ。
 お金は政府が全国民に毎月一定額を配布していた。こうやってロボットが作ったものを全員に平等に分配するのだ。ただし、アンドロイドが発明される以前の資産はそのままだった。資産がある人はその使用料が収入になるし、芸術などが売れるようになればそれが収入になった。だから貧富の差はあって、ラン家は裕福な方になるらしい。
「ここは大きな農園を持っている。その収入が相当な額だ」
 コックが得意になって説明してくれる。
「でも、あたしが逃げたら、もう罰金は払えないんでしょう」
 さっき旦那様が言っていた言葉が気になった。
「あれは、カレンをおどすためさ、充分に払えるよ。なあ」
 コックはバッサラに同意を求めた。
「まあ、払えるな」
 バッサラは頷く。


Posted by 一紙凝殤 at 15:41│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。